戸建てとマンションはどっちがいい?メリット・デメリット

2021.09.21

自分や家族の将来を考えた際に、マイホームを手に入れることは重要な目標の1つだと言えるでしょう。

マイホームには世帯ごとの形があり、それぞれの家族の嗜好や生活に合わせて自由に検討することが大切です。

そしてマイホームの検討の中でも最初の段階で考えるであろう問題が、「戸建てにするのか」「マンションにするのか」と言うことでしょう。

戸建てとマンションにはそれぞれの特徴があるため、ご家族との相性を考えながら検討することが大切です。

そのためこの記事では、一戸建てとマンションのメリット・デメリットを比較して解説します。

大分、宮崎、愛媛、香川、福岡、佐賀で新築戸建ての購入を検討している方は、ぜひともご参考にしてください。

 

マンションのメリット・デメリット

 

ここでは、マンションに住むメリット・デメリットについて解説します。

 

マンションのメリット

 

マンションに住むメリットは、以下の通りです。

 

マンションのメリット

  ・共有部分の管理が不要

  ・ゴミ出しが自由にできることも

  ・セキュリティ面で安心

  ・居住者同士のコミュニティが作りやすい

  ・防災倉庫があるなど防災面が充実

  ・室内段差があまりないことが多い

  ・キッズルーム等があることも

 

共有部分を管理・掃除しなくて良いのは、大きなメリットです。

ゴミ出しが24時間いつでもできるなど、生活におけるちょっとした煩わしい部分がない点が快適度を上げていると言えるでしょう。

また、エントランスがオートロックになっていたり、防犯カメラが設置されていたりと防犯面においても非常に優秀だと言えます。

 

居住者同士の距離が比較的近く、コミュニティの形成がしやすい点も利点の1つです。

中にはキッズルームがあるような物件もあり、利便性が高いことも多々あります。

 

また、室内には段差があまりないことが多く、高齢者でも過ごしやすい住居設計になっていると言えるでしょう。

 

マンションのデメリット

 

マンションに住むデメリットは、以下の通りです。

 

マンションのデメリット

  ・室内面積が狭いことが多い

  ・日当たりや風通しが限定されるケースもある

  ・隣人トラブルが発生しやすい

  ・管理費や修繕積立金の負担を伴う

  ・駐車場代が別途かかる

  ・ペットの飼育が制限される

 

マンションは戸建てと比較するとどうしても室内面積が狭いことが多く、日当たりや風通しが良くないこともあります。

 

また、隣家との距離が近くコミュニティを形成しやすいことはメリットではあるのですが、それだけに騒音やその他の原因による隣人トラブルには注意しなくてはなりません。

 

さらに、管理費や修繕積立金の形で毎月2万円程度の負担を強いられるため、気を付ける必要があります。

費用の問題としては、駐車場に関することも大きいでしょう。

敷地内に駐車場が設けられている場合でも、別途駐車場費用を負担していく必要があるのが通常です。

 

その他にもペットの飼育を禁止されたり何らかの条件が付けられたりすることが通常であり、ペットを飼いたい方にとっては、大きなデメリットになっています。

 

戸建てのメリット・デメリット

 

ここでは、戸建てに住むメリットとデメリットを紹介します。

 

戸建てのメリット

 

戸建てに住むメリットは、以下の通りです。

 

戸建てのメリット

  ・広々としていることが多い

  ・管理規約などの制限がない

  ・日当たりや風通しの制限を受けないことが多い

  ・駐車場費用を負担しなくて良い

  ・ペットの飼育に制限がない

  ・家族のプライバシーが確保しやすい

 

戸建ては比較的広々としていることが多く、管理規約などの制限を受けない自由さが魅力だと言えるでしょう。

日当たりや風通しが良好なことが比較的多く、隣家との距離があるため音なども比較的気にしなくて良いと言えます。

 

また、駐車場のスペースをあらかじめ用意しておくことで、駐車場代を負担しなくて良い点は大きな利点です。

毎月の駐車場代は、都会になればなるほど大きな金額になります。

 

さらに、家族のプライバシーを守りやすい点も、大きなメリットだと言えるでしょう。

 

戸建てのデメリット

 

戸建てに住むデメリットは、以下の通りです。

 

戸建てのデメリット

  ・建物の維持管理にコストや手間がかかる

  ・セキュリティ面が心配

  ・間取りによっては有効面積が狭くなることも

 

戸建てを持つことの最も大きなデメリットは、建物の維持管理を自分たちで行っていかなければならないことです。

手間はもちろんコストを負担する必要もあるため、予算計画にはローン返済等だけでなくメンテナンス費用も加えておかなくてはなりません。

 

また、基本的に防犯は施錠などしかなく、防犯面が手薄になりがちな点も心配な部分でしょう。

窓や勝手口には、侵入防止対策をしておかなければなりません。

 

さらに、階段を設置することも多く、間取りによっては有効面積が狭くなってしまうことにも注意が必要です。

家事動線に気を付けて間取り設計をしなければ、生活しにくい家になってしまうことも考えられるでしょう。

 

マンションを購入した場合の費用

 

マンションを購入した場合には、修繕積立金がかかる点が特徴的です。

修繕積立金とは、建物の計画的大規模修繕や不測の事態による修繕などに充てるためにプールしておく準備金のことを指します。

毎月の費用負担が通常ですが、物件引き渡し時に一定金額を集めることもあります。

 

修繕積立金はマンションの維持に欠かせない大切な費用であり、「安ければ良い」という習性のものではありません。

修繕積立金がきちんと集金されていないと、何らかの大規模損害が発生した際に居住者に数十万円単位の請求が行われるようなことも考えられます。

 

戸建てを購入した場合の費用

 

戸建てを購入した場合にかかる費用として、不動産会社へ支払う仲介手数料が挙げられます。

仲介手数料とは、物件の売買契約を締結するにあたって不動産会社に支払う、事務手数料のものだと考えておくと良いでしょう。

仲介手数料には一定の上限金額が定められており、その金額内で自由に設定して良いこととなっています。

支払いタイミングは契約時か物件引き渡し時のどちらかであり、ケースによっては一括ではなく分割で負担することもあります。

 

マンションと戸建ての比較

 

ここでは、マンションと戸建てを項目別に比較します。

 

広さ

 

広さにおいては、基本的に戸建て物件の方がやはり優れていると言えるでしょう。

ただしマンションには少人数で済むことを前提としたものから広い面積のものまで幅広くあり、戸建ては原則として家族で住むことを前提としているなど違いはあります。

また、マンションは室内段差があまりないことも多く、生活動線が取りやすいことから広々と感じられるケースもあります。

そしてその逆に、戸建てでも間取りを誤るとデッドスペースが生まれてしまい、面積以上に狭く感じられることはあるでしょう。

 

間取り

 

戸建ての間取りは、LDKが1階にあってその他の部屋が2階にあるなど、プライバシーの確保がしやすい形になっていることが多くあります。

ただし、注文住宅の場合は専門家と相談しながら自由に設計できる点が魅力だと言えるでしょう。

 

マンションの間取りは、ファミリータイプの場合LDKが広々としているケースが多いと言えます。

その他の部屋も周辺にあって移動がしやすく、面積机上に広々としたイメージを持てることも多々あると言えるでしょう。

 

設備

 

生活のために設置する設備においては、戸建てとマンションの間に大きな違いはありません。

ただし、戸建てには設計方法次第で屋根裏や床下に収納が作れるなど、自由度の高さがやはり魅力だとは言えるでしょう。

 

施設

 

マンションにおいて特筆すべきなのが、共有施設の存在です。

キッズルームやちょっとしたプレイルームなど、居住者の利便性を高める工夫がなされているマンションが多数あります。

共有施設の管理は住民がする必要がないため、マンションに住む大きな魅力になっていると言えます。

 

採光

 

採光性については、一般的には戸建ての方が優れていると考えられます。

マンションは隣家との配置の問題などがあり、どうしても採光性を確保できない部屋がある点には注意が必要でしょう。

ただし、高層マンション等の上階であれば、南向き以外の物件でも充分に日の光が確保できるケースは多々あります。

戸建てでは、間取りを決める段階で採光に関して気を付けるようにすることで、充分な日当たりを確保することが可能でしょう。

 

セキュリティ性

 

セキュリティ面に関しては、マンションの方に分があると考えられます。

マンションでは各部屋の施錠だけでなくオートロックや防犯カメラ、さらに管理人等によるチェックなど、セキュリティ性を高められる工夫が多数期待できます。

戸建ての場合は窓や勝手口、扉の施錠について気にする程度のセキュリティ対策しか取れないことも多いと言えます。

もしより防犯にこだわるのであれば、防犯カメラなどを別途設置する必要があるでしょう。

 

周辺環境

 

住宅の周辺環境についても、両者には違いがあると言えます。

戸建ては駅から少し離れた住宅街に建てられていることが多い一方で、マンションは駅近くに建てられている傾向があると言えるでしょう。

車移動を中心として生活しているのであれば戸建て、電車移動を中心としているのであればマンションの方が利用しやすいかもしれません。

 

また、マンションには限られた場所に多くの世帯が住んでいるため、周囲の隣人との関係が近くなりやすいと言えます。

一方の戸建てでは隣家との距離がある程度確保されており、プライバシーが守られている点が魅力です。

 

生活動線

 

生活動線においては、意外にも両者に大きな違いがあります。

マンションでは階段が設置されていないことが多く、ワンフロアにLDKやその他の部屋が入っているため、家事動線の効率が良いことが多いと考えられます。

 

一方で、戸建てに関しては階段を設置する場合に間取りに気を付けなくてはならず、家事動線の確保が難しくなりやすいと言えます。

しかしその分家族ごとの部屋が孤立して離れているため、家族間のプライバシーも確保しやすいとは言えるでしょう。

 

将来的な資産価値

 

戸建ての場合は、30年で建物の価値がなくなるという考え方があります。

ただし戸建ての場合は、建物を自由にリフォームできます。

また、建物の価値が下がっても土地の価値が下がらなければ、一定の価値がある資産を保持し続けることにはつながるでしょう。

 

一方のマンションの場合、1戸あたりの所有土地価格が低いこともあり、長年住んでいくとどうしても資産価値が下がっていってしまいます。

周辺地域の再開発などによって資産価値が上がることはありますが、やはり限定的なケースだと考えておくべきです。

そのためもし将来的な売却を視野に入れているのであれば、マンションよりも戸建ての方がリスクは低いと考えられるでしょう。

 

新築戸建てと中古戸建てのメリットとデメリット

この記事では、戸建ての新築と中古それぞれのメリット・デメリットについて解説します。
マイホーム購入の中でも非常に大きな選択だと言えるのが、「新築」「中古」のどちらの物件を購入するかと言うことでしょう。
新築と中古それぞれに魅力や注意点があるため、特徴を整理・精査したうえで最適な決断を下したいところです。
こちらの記事で、戸建ての新築と中古それぞれのメリット・デメリットについて把握し役立てていただければと思います。

新築戸建てと中古戸建てのメリットとデメリット

 

一戸建てとマンションを比較検討しましょう!

 

今回は、一戸建てとマンションそれぞれの特徴について解説してきました。

マイホームをどちらにするのか検討するための、良い材料となりましたでしょうか?

一戸建てとマンションにはそれぞれの特徴があるため、ご自身やご家族の考えに沿って選択すると良いでしょう。

グランディーズでは特に愛媛、香川、福岡、佐賀、大分、宮崎にお住まいの方々にさまざまなかたちのお家のご提案をさせていただいております。

大分、宮崎、愛媛、香川、福岡、佐賀で低価格の新築戸建て・建売住宅ならグランディーズへ気軽にご相談ください。

大分の新築戸建てをお探しの方はコチラ

宮崎の新築戸建てをお探しの方はコチラ

愛媛の新築戸建てをお探しの方はコチラ

香川の新築戸建てをお探しの方はコチラ

福岡の新築戸建てをお探しの方はコチラ

佐賀の新築戸建てをお探しの方はコチラ