建売住宅の購入で後悔しないための押さえておくべきポイント

2021.08.04


マイホームを比較的お手軽に購入するための手段として、建売物件の利用が挙げられます。
建売は注文住宅などと比較しても、多くの方にとってマイホームを手に入れるよい手段だと言えるでしょう。
しかし、建売にはその特性ならではのデメリットや失敗例が付きまとうのも実情ではあります。
建売物件を購入するのであれば、事前にそのリスクや失敗しないためのポイントを押さえておくことが重要でしょう。

この記事では、建売住宅の購入で後悔しないための押さえておくべきポイントを解説します。
新築戸建てや建売住宅の購入を検討している方は、ぜひとも参考にしてみてください。

建売のメリットデメリット

ここでは、建売のメリットとデメリットについて解説します。

建売のメリット

建売のメリットを整理すると、以下の通りです。

建売のメリット
  ・リーズナブルなことが多い
  ・実際の家を見てから購入判断ができる
  ・入居までがスムーズ
  ・住宅ローンで建物と土地の代金を一括払いできる

建売は使用やデザインを統一して建築資材などを大量発注することで、1軒あたりの建築にかかる費用を押さえられます。
それは購入価格にも影響し、リーズナブルな価格で手に入ることが多いのです。
また、実際に建っている家を直接見て購入を判断できる点や、契約から入居までがスムーズに進められる点もメリットだと言えるでしょう。
さらに、住宅ローンを活用することで土地と建物の購入かかるコストを一括で支払える点も、大きな特徴です。

建売のデメリット

建売のデメリットを整理すると、以下の通りです。

建売のデメリット
  ・間取りやデザインが決まっていて、施主の意向があまり反映できない
  ・周囲に同じような建物が並ぶことも多い
  ・比較的郊外にしかないことが多い
  ・家が造られた当時の状況が不透明になってしまう

デメリットとしてまず挙げられるのが、間取りやデザインなどの画一性です。
施主の意向が反映できる部分が少なく、周辺の家ともフォルムが似ていれば「個性のない家」だと感じてしまわれることもあるでしょう。
価格を抑えるために、郊外に多く立地されがちな点もやや気になります。
さらに、造られた当時の様子を確認できないため、欠陥などがあっても見つけにくいと言えるでしょう。

建売住宅購入の失敗例

ここでは、建売住宅を購入した際の、よくある失敗例を紹介します。

日当たりが悪かった

よくある失敗例の1つが、日当たりの悪い家を選んでしまうケースだと言えます。
注文住宅などと比べて、建売は日当たりに対する考慮があまりなされていないケースも多いのです。
日当たりが悪いとどうしてもじめじめしてしまい、日中から明かりをつけなくてはならないと光熱費も余計にかかってしまいます。
また、冬に日当たりが悪いとどうしても余計に寒さを感じやすくなる点も、大きなデメリットだと言えるでしょう。

たとえ南側に面した住宅だったとしても窓の位置や周囲の建物によって日当たりが悪いことはあるため、実際に現地で確認してみることをおすすめします。

住宅の性能に不満が残った

「住んでみたら思ったより家の性能が悪かった」という失敗談も、建売には散見されます。
例えば、断熱性能に関して想像以上に悪いと、「夏は暑く冬は寒い」という非常に住み心地の悪い家になってしまいます。
エアコンの効率も悪くなってしまい、住みにくいだけでなくお金もかかる家になってしまうのです。
その他にも耐震性や防音性など、少し住んでみないと分からないような性能の低さが後で発覚することは、よくあるケースだと言えるでしょう。
建売住宅には簡素な建材が使われやすいことが、この失敗例の一因になっていると考えらえます。

暮らし始めてから欠陥・不具合が見つかった

しばらく住んでみて不満はなくても、ふとしたタイミングで欠陥や不具合が見つかるケースもあります。
その深刻な例の1つが、雨漏りでしょう。
急に天井に雨漏りのシミができて、「新築なのに……」と悲しい思いをする方もいるのです。
雨漏りすると建物の構造部が腐ったりカビが発生してしまったりと家そのものへのダメージも計り知れません。

建売住宅の購入で後悔しないために押さえておくこと 

ここでは、建売住宅を購入する際に、後悔しないように知っておきたいポイントを紹介します。

床下や水回りなどをチェックする

購入時には、床下や水回りなどをチェックするようにしましょう。
床下に断熱材がきちんと設置されているか、天井裏に雨漏りなどの不具合は発生していないかなどを最初に調べることで、重大な欠陥の早期発見につながります。

また、意外と欠陥が多いのが水回り関係です。
お風呂のお湯張りができない、台所でお湯が使えないなどの不具合が発生することがあるため、1カ所ずつチェックしておいた方が無難でしょう。
引き渡し前にチェックを要望し、もし無理だったとしても引き渡しを受けた後にすぐ水回りは調べた方が良いです。

アフターフォローがしっかりとした物件を選ぶ

建物そのものだけでなく、アフターフォローの有無も大切です。
多くの新築物件には10年程度のアフターフォローサービスが付けられており、それは建売住宅も同様です。
アフターサービスが付いている物件であれば、欠陥などが見つかった際に十分な対応が期待できます。

また、購入直後の不具合や性能の不満だけでなく、長く住んでいるとどうしても家は少しずつ経年劣化していってしまいます。
そんな時に専門員にすぐ相談できるように、アフターサービスがしっかり付いている物件を探すようにしましょう。

その他にも、独自の定期点検や保証制度などが用意されているケースもあるため、最初の段階でしっかりと確認しておく必要があります。

周辺環境のチェックをしておく

暮らした後の後悔を減らすためには、物件の周辺環境のチェックも大切です。
駅からの距離や周辺のスーパーなどの施設の有無など、可能な限り実際に歩いてチェックすることが重要でしょう。
また、周辺の工場や商店から出てくる騒音や臭い、夜間若者が集まってうるさくなる場所など、最初にできる限り情報を収集することをおすすめします。

コンセントの位置は意外と重要

暮らしやすさの観点では、コンセントの位置を事前に確認しておくことが意外に大切です。
コンセントの位置と数を、実際に住むことを想定してチェックしていきます。
家電を使いたい場所にコンセントが無いようであれば、良い物件でも暮らしにくさを感じてしまうものです。

建売で後悔しないためにポイントを押さえておきましょう

今回は、建売のポイントや失敗例について紹介してきました。
建売の購入を判断するうえで、良い材料となりましたでしょうか?
建売物件はリーズナブルにマイホームを購入する良い手段であるため、失敗例を参考にして慎重に判断してください。

グランディーズでは、建売物件など様々な物件を取り扱っています。
大分、宮崎、愛媛、香川、福岡、佐賀で低価格の新築戸建て・建売住宅ならグランディーズへ気軽にご相談ください。

大分の新築戸建てをお探しの方はコチラ

宮崎の新築戸建てをお探しの方はコチラ

愛媛の新築戸建てをお探しの方はコチラ

香川の新築戸建てをお探しの方はコチラ

福岡の新築戸建てをお探しの方はコチラ

佐賀の新築戸建てをお探しの方はコチラ


関連記事

 

廊下のない家のメリット・デメリット、住みやすい家づくりのポイント

一軒家の賃貸のメリット・デメリットや老後にかかるコスト

戸建ての二階にベランダがあると便利!メリットデメリット